「高松幼稚園」 人的・物的な環境を整え、心豊かな子を育てています。

入園を希望されるみなさまへ

「花を育て動物をかわいがる人は、心のやさしい人になります」を目標に自然環境を整え、人間性、創造性と感受性を育てるよう努力しています。

教育方針

◆教育上特に努力している点

01.個人観察簿
園児ひとりひとりを観察して成長記録をつけ、10年後20年後の成長の見通しをつける資料としています。

02.教材、教具、遊具の創作
園児、教師が教材の手作りによって創造性の育成に努力しています。「大型絵ばなし、紙しばい、パネルシアター、指人形、歌のカード、言葉カード、ペープサート等」

03.連絡簿
園長、教師、父母との話し合ったよいことは記録して必ず実行しています。

04.健康作り
薄着を奨励し「なわとび、まりつき、竹馬、木登り、雲底、かけっこ等」をひとりひとり調べてのばし、遊びの中から体力と意欲を育てます。

05.園日誌◎欄
週番が気付いて実行したことを記入して保育に生かしています。

06.飼育・栽培
飼育・・・小鳥類、かいこ、鈴虫等は卵から育て、園児も世話をします。
栽培・・・花壇、植木「花ごよみの12ヶ月を育てる)、朝顔、稲等は種子へ育てます。

07.音楽の教育
五感(視・聴・味・触・臭覚)や、運動感覚の向上する適期にリズム楽器、ハーモニカ、木琴等の合奏を楽しみ感受性を育てます。

08.教育の理解
教育講演会、幼稚園便り、家庭訪問、クラス懇談、保育参観等により家庭との連携を深めています。

09.自然学園
新潟県六日町の郊外に、豊かな自然と温泉の坂戸自然学園を作り、父母と離れて2泊3日の宿泊保育を年長組は行っています。

10.保育実習生
保育福祉専門学校の実習生が保育に参加し、学園が一体になって「ほんとうの幼児教育」の道を求めて実現するように努力しています。

年間行事
幼稚園の一日
募集要項
補助金について
ひまわり保育
資料請求・お問い合せ
カテゴリーメニュー
施設紹介 充実した学びの環境
動画ギャラリー
幼稚園教諭・保育士になろう!!
学校法人道灌山学園本部 建物等の建替計画について
道灌山学園 保育福祉専門学校
道灌山幼稚園
高松幼稚園
学校法人道灌山学園

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里4-7-15
information@doukanyama.ac.jp

学園本部TEL
03-3828-8478