学校生活の概要

実習について(教育実習・保育実習・施設実習)

幼稚園教員・保育士養成科の学生は、卒業までに幼稚園で4週間、保育園で4週間、施設で2週間の実習を行います。
『1部 幼稚園教員・保育士養成科』の学生は、1年次に幼稚園で実習を、2年次に保育園と施設で実習を行います。実習先は、道灌山学園の併設幼稚園や保育園・施設や実習協力園、各学生の自宅近くの保育園・施設で行います。
『2部 幼稚園教員・保育士養成科』の学生は、2年次、3年次に実習を行います。実習先は、実習協力園や自宅近くの幼稚園・保育園・施設、道灌山学園の併設幼稚園・保育園などです。
『2部 幼稚園教員養成科』の学生は、2年次に実習を行います。実習先は、実習協力園や自宅近くの幼稚園や道灌山学園の附属幼稚園などで行います。

講義について

講義は、専門的内容について深く勉強します。
講義は、通年科目(1年を通しての科目)と半期科目(半年の科目)の2つがあります。そのため時間割は、前期と後期では違う内容になります。
基本的には全体講義ですが、科目によってはグループ、個人に分かれ講義を受けることもあります。

試験について

試験は、前期末・後期末に期末試験があります。
全教科とも合格点は60点以上で、60点未満であると不合格となり、その教科の単位は認められません。出欠日数や受講態度も重視しています。
60点以上は、点数によってA、B、Cの評価に分けられます。

遅刻・欠席・早退

講義の最初に出欠を取ります。卒業後の就業で困らないように、遅刻・欠席・早退は厳しくチェックし正しい生活習慣を身に付けます。欠席が全出席日数の5分の1以上になると進級・卒業が出来なくなります。また、遅刻は3回で欠席1日となります。
欠席や遅刻が度重なると、その講義の単位が取得出来なくなります。場合によっては、進級・卒業が出来なくなります。

服装

日常の学生生活では、服装の指定はありません。髪型・服装・カバン等は自由です。
ただし、常識の範囲を越えるものについては認めていません。常識とは、『将来教職につく学生としてふさわしいもの』ということです。
華美な化粧、だらしない服装、茶髪などは好ましくありません。

道灌山学園のトップページへ